Go Zitudai.HP
RNO--7193
 平成30年 7月 本科生 講座
【 歴史統計の推移から考える証券投資 】
  講師 野村アセットマネジメント株式会社
   投資信託営業本部 シニア・マネージャー
     増山 豊 先生

講演要旨
2013年以降の異次元金融緩和や2016年以降のマイナス金利政策が我が国経済の金利・物価・為替に今後どのような影響を与えるのか、金融庁が金融行政方針や金融レポートにおいてグローバル分散投資の重要性を説いているその理由と今後の展開を歴史的な事例を交えながら講義を進行していく。

講演内容
・デフレーションと為替レート(円高)の考え方
・円高・デフレ循環の謎
・歳入予算に対し大幅に不足する税収
・現在の金融政策(異次元金融緩和)
・マネタリーベースおよび日銀保有国債の内訳と推移
・戦後における通貨流通量の急拡大
・戦後のハイパーインフレ
・預金封鎖・財産税法広布(昭和21年)
・米ドル円相場の歴史
・政府債務残高対GDP比
・ハイパーインフレによる債務削減
・日本の経常収支の推移
・日本の実質金利推移