Go Zitudai.HP
RNO--6985
 平成30年 4月 聴講生講座
演題 【 中高年のお口の健康   】
  講師 日本学校歯科医会 理事
   千葉県歯科医師会 女性歯科医師の会副会長
       阿左見 葉子 先生

講演要旨
 お口(口腔)は、話す、食べる、表情を豊かにするなど、元気で楽しい生活をおくるための大切な機能を持っています。しかし、高齢になると歯周病や、むし歯で歯を失ってしまったり、口腔の機能が低下してしまい、食事を美味く感じなくなったり、体を動かしたり、人と交流することが面倒になったりなど、生活全般で元気がなくなりがちです。
 食べることは生きることに直結しており、口腔は元気の源です。自分の歯で、美味しく楽しく食事をすることは、心と体の健康を保ち、人生をより豊かなものにしてくれます。口腔の健康を見直して、いつまでも若々しい元気な毎日をおくっていただきたいと思います。

講演内容
 ・お口の役割
   知っていますか?歯と口の働き
 ・むし歯や歯周病の予防
   むし歯や歯周病はどんな病気?
   歯周病と全身の健康との関係
   口腔清掃(器質的ケア)
 ・お口の働きの維持、回復
   よく噛むことが大切です
   唾液の働き
   口腔機能回復(機能的ケア)
 ・お口の中の怖い病気
   お口の中にもガンができます
 ・歯周病のセルフチェック
   >歯肉から出血する
   >歯肉が赤く腫れている
   >歯肉が痛い
   >口臭がする
   >歯肉がムズムズする
   >硬いものが噛みにくい
   >口の中がねばつく
   >歯の間に食物がはさまる
   >歯肉が下がった
 ・毎日のオーラルケアで健康生活
   >食事は3食規則正しく
   >甘いものは決めた時間にほどほどに
   >タバコは吸わない
   >よく噛んで食べる
   >ストレスをためないように趣味を持つ
   >普段、口元をしっかり閉じている
   >寝る前にはしっかり歯ブラシ
   >歯の表面はつるつるピカピカ
   >歯肉はピンク色
   >舌もピンクでふんわりと
   >口臭もチェック