Go Zitudai.HP
RNO--6717
 2018年 1月 聴講生講座
演題 【  世界遺産の不思議と魅力   】
  講師 第一期 世界遺産検定マイスター
       初代 海外地理名誉博士
            片岡 英夫 先生
講演要旨
 世界遺産の実態を楽しくわかりやすく手ほどき
講演内容
 世界遺産 基礎知識
 ・世界遺産とは?
  ユネスコの「世界遺産条約」に基づく「世界遺産リスト」に
  登録されたもので、未来永劫、伝え遺していく人類の大切な宝物
 ・3種類の世界遺産
  文化遺産:人類の歴史が生み出した傑出した文化財や景観
  自然遺産:地球が生まれて以来、悠久の時が育んだ地形や生態系
  複合遺産:文化財と自然環境の両方の要素を併せ持つもの
 ・世界遺産条約「世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約」
  日本は1992年、125番目の締約国
  締約国には、遺産の保護・保存における国際的援助体制の確立および
  将来の世代への伝達を義務付けている。
 ・世界遺産申請の条件
 ・世界遺産の登録条件
  顕著な普遍的価値を有すること
   国家や文化、民族、人種間の国境を超え、人類全体にとって現代及び将来全体に
   共通した重要性をもつ、傑出した文化的および自然的な価値
  10の登録基準のうち、ひとつ以上を満たすこと
 ・世界遺産関係機関
   世界遺産委員会
   ユネスコ世界遺産センター
   ICOMOS(International Council on Monuments and Sites)国際記念物遺跡会議
   IUCN(International Union for Conservation of Nature and Natural Resources)国際自然保護連合
 ・危機遺産
 ・負の遺産
   人類の犯した悲惨な過ちを記憶にとどめ二度と繰り返さないように、
   将来の世代への教訓とする遺産。例:原爆ドーム、アウシュビッツ強制収容所
 ・真正性と完全性
 ・世界遺産の評価 4段階
   登録
   情報照会
   登録延期
   不登録
 ・ユネスコの遺産三大事業
   世界遺産 
   無形文化遺産(能楽、人形浄瑠璃、歌舞伎など)
   世界記憶遺産(人権宣言、アンネの日記など)