Go Zitudai.HP
RNO--6078
 2017年 5月 聴講生講座
演題 【 古事記と神話を読む 】
  講師 元千葉県立千葉女子高等学校長
       安田 伉 先生

講演要旨

・「古事記」本文を読む」
 上巻「二神の結婚」より(資料 読み下し文)

以下、資料の本文を現代文にしたものを。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そこで、天の高天原の神々が、
イザナキ神とイザナミ神の男女二神に
「この漂っている国をつくり固めよ」と命じて、
天の沼矛(ぬほこ)を授けて、
国づくりをお任せになりました。
イザナキ神とイザナミ神は、
天の浮橋という空に浮かんだ橋に立って、
その沼矛を指し下ろしてかきまわしました。
潮をかき鳴らして、引き上げた時、
その矛からしたたり落ちた潮が
積もり重なって島になりました。
この島をオノゴロ島*1と言います。
このオノゴロ島に
イザナキ神とイザナミ神が
天の高天原より降って、
そこに天の御柱(みはしら)と
八尋殿(やひろどの)を見つけました。
そこで、イザナキ神はイザナミ神に
問いかけました。
「イザナミよ。あなたの身体はどのようにできているのか」と。
イザナミ神は答えました。
「私の身体はよくできているけれど、
よくできあがっていない部分が一カ所あります。」と。
それを聞いたイサナキ神は答えました。
「私の身体はよくできているけれど、
一カ所だけ余っている部分があります。
私の余っている所と、
あなたのよくできあがっていない部分を刺し塞いで、
国土を生み出そうと思いますが、いかがですか?」と。
イザナミ神は答えました。
「はい。それはよいお考えです。」
そこでイザナキ神は、
「それでしたら、私とあなたで、
この天の御柱で廻り逢ってから、
寝所で交わりを行いましょう。
あなたは右からお廻りください。
私は左から廻ってあなたにお逢いしましょう。」
と、イサナミ神と国を生むお約束をなさいました。
約束し終わって、天の御柱を廻った時、
イザナミ神が先に言いました。
「まぁ、なんと愛しい男神よ。」と。
その後にイサナキ神が言いました。
「まぁ、なんと愛しい女神よ。」と。
言い終わった後に、
イザナキ神は
「女性が先に言うのは良くないだろう。」
と言いましたが、二人は婚姻を行いました。
こうして生まれた子は水蛭子*2だったので、
葦(あし)の船に乗せて流しました。
次に淡島(あわしま)を生みましたが、
これも子には数えません。
そこで、二神は相談しました。
「今私たちが生んだ子どもは良くありません。
やはり天の神々のところへ参上して申し上げましょう。」と。
すなわち、天の高天原に行って、
天の神々の言葉をうかがうことにしました。
天の神々は占いをして
「女性が先に言葉を話したのがよくないようだ。
また帰って先に言う方を改めなさい」と。
こうして、地のオノゴロ島に帰り降りて、
再びその天の御柱を前にと同じように廻りました。
今度は、イザナキ神が先に言いました。
「まぁ、なんと愛しい女神よ。」と。
言い終わった後に、イザナミ神が言いました。
「まぁ、なんと愛しい男神よ。」と。
言い終わった後に生んだ子は、
初めに生んだのが淡路島、
次に生んだのが四国、
三番目に生んだのが隠岐。
そして九州、壱岐、対馬、佐渡と生み、
ついに本州を生みました。
この八つの島を大八島国といいます。

http://www.kankou-shimane.com/shinwa/shinwa/1-2/index.html より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・「古事記」は何故書かれたか。
・創世神話から英雄伝説へ。