Go Zitudai.HP
RNO--5718
 2016年 12月 聴講生講座
演題 【郷土の豪族 千葉氏について】
  講師 千葉市郷土博物館学芸員 若葉 三郎 先生

講演要旨
〜郷土の豪族 千葉氏について〜
 日本の歴史の中で、注目される出来事の少ない千葉県ですが、鎌倉時代関東から全国に、
広がっていったのが千葉氏です。平安時代末期、千葉常胤は源頼朝が鎌倉幕府をたてる
際に活躍し、自らも下総国の小領主から、全国に所領を持つ御家人になりました。
そして、鎌倉・室町時代の約470年間勢力を保ちました。千葉氏の礎を築いた千葉常胤を
中心にその歴史を述べたいと思います。

講演内容
1 千葉氏とは
 桓武天皇の曾孫高望王が皇族から離れ、平高望(平氏)となった。その子孫のうち千葉を
本拠とした一族が千葉氏。千葉常胤が源頼朝を援けて鎌倉幕府の成立に貢献し、その功績に
より、大きく所領を拡大し、有力御家人となった。

2 千葉氏の起こり
 千葉氏は桓武平氏の流れをくむ。天皇の子孫が多くなり、国庫の負担を減らすため臣下に
して、源氏、平氏という氏をあたえた。
 千葉氏は平高望の子のうち平良文の子孫。

3 古代の東国
 ①古代日本の行政区割り
 現在の千葉県の地域 元々総の国を分割
 総・・下総国・・千葉郡・・千葉郷
   ・上総国
   ・安房国
 ②国府と国司
  国府・・律令国家の地方行政機関、各国(府)に国司を置いた
  国司・・中央政府の役人で地方官。任期4年、任期が終わったら都に帰る。
  官職(4等官制) 守(長官)ー介(次官)ー掾(判官)ー目(書記)
                ー平高望(千葉氏の祖)

4 千葉氏と源氏
 ①平忠常が源頼信に従う
 ②平忠常の乱(1027〜1031)
 ③千葉氏の成立と荘園をめぐる問題
 ④源頼朝の挙兵と千葉介常胤