Go Zitudai.HP
RNO--5520
 創立30周年記念 本科生・聴講生 合同講座 2016年10月22日
演題 【講演と音楽で語る 人道の外交官 ー杉原千畝】
  講師 作曲家・指揮者 安藤 由布樹 先生

ゲスト協演 ソプラノ(杉原幸子 役) 沖 藍子  先生
      バリトン(杉原千畝 役) 女屋 哲郎 先生

講演要旨
 千葉実年大学校創立30週年を記念しての、本科生・聴講生の合同講座
 第二次世界大戦中、リトアニアの領事館に赴任していた外交官・杉原千畝はナチス・ドイツから逃れてきた難民たちに、外務省の訓令に反して大量のビザを発給。およそ6000人に上る避難民を救った。その多くがユダヤ系であり、「東洋のシンドラー」などとよばれることがある杉原千畝の半生を、お話とオペラ「人道の桜」の一部を再現しながら講演。