Go Zitudai.HP
RNO--4632
 2014年 11月 本科生講座
演題 【 沖縄知事選挙とアイデンティティー 】
  講師 フォトジャーナリスト 森住 卓 先生

講演要旨
 沖縄の歴史的経過と、今回11月16日の沖縄知事選と沖縄情勢を考える

講演内容
 沖縄知事選挙とアイデンティティー
  明治政府の琉球処分
  皇民化と同化
  沖縄(ウチナー)が本土(ヤマト)にさせられ、本土の捨て石にされた沖縄戦
  20万人の犠牲
  戦後の軍事支配と米軍基地
  本土復帰後も続く基地の重圧
  日本政府の基地押しつけにノーを突きつけ続ける沖縄

 沖縄のアイデンティティーを考える
  イデオロギーよりアイデンティティー  比屋根照夫琉大名誉教授
   沖縄のアイデンティティーは同化・皇民化によって危機にさらされた戦前と
  異なり、今は文化、芸能、ウチナーグチの復興にいたる目覚めを含め、尊厳、
  誇り、自己決定権へと進化を見せている。
   沖縄の覚醒、魂の叫びが根底にあった。戦後70年基地の押しつけ、沖縄の
  意向の無視、耳をかさない政府に対する大きな抵抗を示した。
   権力が支配し、政治的なイデオロギーが働く世界でアイデンティティーという
  人間的な根源力を基盤に政治的意味を含有しながら、これまでとは異質の主張を
  展開した結果