Go Zitudai.HP
RNO--4591
 2014年 10月 本科・聴講生共通講座
演題 【 人生は八合目からが面白い 】
  講師 登山家  田部井 淳子 先生

講師のプロフィール

1939年 福島県三春町に生まれる
1962年 昭和女子大学 英米文学科卒業
1969年 「女子だけで海外遠征を」を合言葉に女子登攀クラブ設立
1975年 エベレスト日本女子登山隊 副隊長兼登攀隊長
      エベレストに、女性世界初の登頂に成功
1992年 女子で世界初の7大陸最高峰登頂者となる
2000年 九州大学大学院比較社会文化研究科 修士課程終了
      研究テーマ:エベレストのゴミ問題
現在    年数回、海外登山にでかけ、現在71カ国の最高峰・最高地点を登頂
      20〜40代女性の為の山の会MJリンク呼びかけ人
      メディアへの出演や執筆、健康山登り教室の講師、講演
      などを通して山登りの楽しさを多くの人に伝えている
講演要旨

 人生の8合目からの、面白い出来事・チャレンジ
  お金やものでなく、毎日の積み重ねが自分の歴史を豊かにする
  人生、何かを始めるのに遅いということはない
  人の誘いにはまず乗ってみる。面白い、面白くないの判断はその後でいい
  夢は持つべきだ。夢を持つ続ければいつか実現する

講演内容

・福島復興のための取り組み
 被災者支援のハイキング
 被災した東北の高校生を日本一の富士山へ
・人生八合目からのチャレンジ
 せかいのそれぞれの国の最高峰の制覇へ
 怖いもの知らずの女達 「シャンソン」の取り組み
・プロジェクターでの、エベレスト登頂の様子と、エベレストの現状
 世界で女性で初めてのエベレスト登頂成功
 現状 ゴミの散乱、排泄物の垂れ流しなどの環境が問題化
 温暖化での氷河の溶解