Go Zitudai.HP
RNO--363
 12月 聴講生講座
ボーヴェの恋人
                 講師 宝聚寺住職   浜名 徳順 先生
 世間にはフランス好きな人間が多い。その理由は、ブランド品、美術館、料理、美しい女性、中世から続く建物などをあげる人が多い。私もフランスに出かける前は、印象派の絵画に興味を持っていたが、何度かフランスを訪れているうちに12世紀後半からの宗教的な建築物、ステンドグラス、壁画等の宗教芸術の美しさと奥行きの深さにすばらしさを感じるようになった。
 日本ではあまり知られていないが、フランスの文化遺産として中世の大聖堂
がある。田舎町には不釣合いな程巨大な教会堂に中世を求めて、数多く旅をした。最後にボーヴェの大聖堂を訪ねた。この教会堂の優れた美術や興味深いエピソードを映像を使い講演。